緊急時!今日お金を借りるには

お金が必要になるときというのは、前もってわかっていればそれなりに用意することも可能です。

 

ですが、今すぐ急に必要だというときにはいったいどのようにしたらいいのでしょうか。方法がわからず焦ってしまう人が多いです。
では実際にそのような緊急に必要なときには、いったいどうのようにして用意したらいいのか。できるだけ最短で、即日お金を工面する方法としては、ネットからカードローンを申し込む方法が一番手軽で近道のやり方となります。

 

ネットでしたら24時間対応してくれますので、前日の夜中に申し込んでおけば、翌日すぐに借りることができるようになります。できるなら必要な日の午前中までには申し込んでおくとよいです。そうすることでより迅速に審査がおこなわれ、きちんと必要なときに借りることができます。

 

携帯でなら、さらに手軽に申し込みをおこなうことができます。このように急いで、それも今日緊急でお金が必要だといった場合には、カードローンで申し込みましょう。身内や他人に頭を下げて頼むストレスもありませんし、すぐにお金を借りることができます。だれでもすぐにお金が必要になる可能性はあります。こうした方法を知っておけば心強いです。

 

絶対にバレずにお金を借りるには

金融業者からお金を借りることを検討されている方は、一緒に住んでいる家族などにバレたくないと考えている方もいるでしょう。
親にばれないためにも、旦那に内緒にするためにもバレてしまう確率を低くする方法があるためそちらを把握しておくようにしましょう。まずバレない、バレずに済ませるためには郵送物に注意しなければなりません。

 

金融業者からの郵送物は業者とわからないように配慮がなされていますが、人によっては気が付いてしまったり、開封されてしまうとバレてしまいます。事実、郵送物によってお金を借りていることが家族にバレてしまったという方は非常に多いです。

 

多くの金融業者ではお申込みをした際に郵送物が届くようになっています。ただ、郵送物を送らなくさせることもできる業者も多いのでそちらで対策を行うことは可能です。お申込みの時だけではなく、返済を滞納してしまった場合にも届いてしまいます。

 

そのため、家族に知られたくない方は返済を滞納させずにやりくりをしなければなりません。郵送物だけでなく、お申込みの際の本人確認の電話でも知られてしまうリスクが生じるため、電話番号は自宅のではなく自分の携帯電話の番号を記入しておくようにしましょう。

銀行や郵便局でお金を借りる

銀行系でお金を借りる方法は、一般的な消費者金融でお金を借りる方法と大差はありません。そもそも、ゆうちょや農協、そして銀行といった金融機関と消費者金融の審査のシステムは全く異なっています。銀行系というのは銀行とは全く異なった体系でサービスを提供している業者であるため、銀行のルールが提供されるわけではありません。郵便局などで金融商品を利用する際には、消費者金融のルールは適用されません。反対に、銀行系の場合は銀行のルールが適用されないわけです。例えば、同じ名称のサービスとして銀行カードローンというサービスが提供されています。銀行カードローンと一言でいっても消費者金融が提供する銀行系のカードローンはキャッシングと全く同じサービスであるため、銀行カードローンとは全然違うサービスとして提供されています。銀行カードローンの場合は、融資の金額が非常に大きくて消費者の適性によって住宅ローンなども利用することが可能です。反対に、キャッシングの場合は上限金額に明確な制限が存在しており、消費者の年収の三分の一以上は借りることができません。ですから、一般的な消費者金融と同じ手続きで銀行系でお金を借りられるのです。

消費者金融や中堅業者でお金を借りる

理由や金額はひとそれぞれでも、とにかくお金が必要になった、何とか工面しなければということはだれにもあります。何日か先の場合もあるでしょうが、やはり困るのはすぐにでも用意したいときです。貸してくれるような知り合いもいない、また人に頼むのは後々面倒だといった時には、消費者金融を思い浮かべます。今は消費者金は非常に身近な存在となっており、借りるということへの敷居も低くなっています。ですのでCMなどで知られた大手の金融会社などでも比較的借りやすくなっているようです。ですが中には何かしらの理由があって、大手では審査に通らなかったということもあります。そうした場合、すぐに借りることをあきらめずに、中小の消費者金融を検討してみましょう。中小では不安と考える人もいますが、実際には中堅の金融会社のほうが審査で融通もきき、借りやすく信頼できるところも多いです。きちんと登録している消費者金融であれば安心してカードローンやキャッシングを利用できます。最近では意外と地元密着型の金融会社も多いですので、それほど全国で知られていなくても優良な消費者金融はたくさんありますので、そうしたところを探してみるとよいでしょう。

お金を借りるQ&A

お金を借りれる年齢は?

キャッシングやカードローンの申込みができる年齢は商品によって異なります。では、実際に何歳が対象になっているのでしょうか。

 

その多くは満20歳〜65歳までというケースが多く、責任と安定した収入が得られる成人〜定年までを対象としています。ただし、中には18歳(高校生を除く)から、70歳まで融資可能としている商品もあります。
大学生・短大生未満は基本的にお金を借りることはできませんし、70歳以上の融資はかなり難しいでしょう。また、トラブルなく利用しているうちは契約が自動更新されていくので、自分で解約しなければ同じカードでお金を借り続けることはできますが、対象年齢に達した時は自動的に解約となるので注意しましょう。

勤務先への在籍確認って?

消費者金融や銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合には、在籍確認をするために勤務先に連絡がくることがほとんどだと思います。会社に電話がかかってきますが、席を外していて電話に出られないといった時でも会社に席があることは確認できます。ただし、人によっては勤務先に知られたくないという人もいるのではないでしょうか。そういった時には電話なしで在籍確認を行っているカードローンなどを利用するのがおすすめです。利用するカードローンや消費者金融の種類によっては、書類審査のみで在籍確認をするところもあります。この場合には社員証や健康保険証、給与明細などの書類を提出して審査を受けることになります。書類審査に合格すればお金を借りることができます。

無利息ってどういうこと?

結論を先に言うと可能です。ただし、要件があり、初回に限りというのと三十日以内に返済ができた場合など、借金をする人にとっては簡単なようで難しい条件があります。そもそも返す充てのある人と、生活が困窮してやむを得ず借りるのとでは意味が違います。利息なしで返済ができるケースはほとんど消費者金融でお金を引き出す必要がない人が恩恵を受けられるのであって、慢性的にお金が足りない人にとっては無利息で返済するのは厳しい条件だと考えられます。収入の三分の一までは借りることができる法律がありますが、常に借りなければいけない自転車操業の人は現実的には無利息で完済するのは困難だと考えていいのではないでしょうか。そこを理解して借りればトラブルなくお金のやり取りができそうです。

総量規制って何?

総量規制とは2010年に施行された、貸金業者を利用する人に対して借入できる金額に制限をかける法律です。借り過ぎによる生活破綻から利用者を保護することが目的で、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超えて貸付してはならないと定められています。その対象は消費者金融や信販会社、クレジット会社などで、銀行や信用金庫などは貸金業者に該当しないため対象外です。但し、急病など緊急時に医療費が必要な場合や、複数のローンをまとめるための借り換えローンなどの場合は例外で貸付可能となっています。また、不動産購入やリフォームのための住宅ローンや、自動車購入のためのマイカーローン、高額療養費の貸付などは総量規制対象外となっています。

無職でも借りたい

金融業者が扱うカードローンやキャッシングを利用してお金を借りたいと思う人もいますが、カードローンやキャッシングの申込条件として、ほとんどが安定した収入があることを条件にしています。安定した収入とは正社員で高収入がある人のことではなく、パートやアルバイトでも毎月決まった収入さえあれが、安定した収入と見なされお金を借りられます。
それでは無職で無収入の人でもお金を借りることが出来るのでしょうか。無職で無収入の専業主婦の方は、総量規制のない銀行系カードローンならお金を借りることが可能です。ただし配偶者に安定した収入があることが条件になるので気をつけてください。無職の年金受給者も金融業者によっては、無収入でも借入ができる所があるので、そういう所を探してみてください。

ブラックでも借りたい

長期的な滞納や債務整理でブラックリストになってしまうと借り入れが不可になると言われていますが、実際には中小の消費や金融でブラックOKにしているところから借りられる場合があります。
もちろん積極的に融資してくれるわけではないので条件を満たしている必要があります。ブラックでもその状況は過去のものである、つまり滞納は既に解消されているものであり、十分な返済能力がある、と判断されなければなりません。
また、ブラックOKの消費者金融も決して審査が甘いということではありません。過去に問題を起こしているので返済能力を警戒されており、希望額に関係なく収入証明書の提出は必須、在籍確認は電話以外は不可など、大手と比べて申し込みが不便です。

自己破産でも借りたい

自己破産でお金を借りるには、通常であれば5年から10年間は待って個人信用情報機関から記録が削除され、審査で影響が出ないようにします。待てない場合、銀行や大手の消費者金融に申し込んでも審査には通らないので、自己破産者でも利用を認めている中小の消費者金融を探して申し込みます。審査は甘くありませんが、現在は問題なく返済できると判断されると契約できる場合があります。
なお、自己破産すると電話やチラシで融資を勧誘されるようになりますが、無視しましょう。官報に掲載された情報を収入した闇金融などの悪徳業者が行っているものです。利用してしまうと法外な金利で貸し付けされ、返済が困難になります。強引な取り立ても行ってくるので、騙されないように注意します。

母子家庭でも借りたい

通常のカードローンやキャッシングは、母子家庭やシングルマザーでも利用できます。毎月の定収があって他に借金など抱えていなければ、属性も一定以上高いと判断されます。そうすれば、審査にも通ると考えられます。
ただし属性が低くなればなるほど、たとえ審査に通っても利用枠は小さくなってしまいます。そもそも借り入れとは、審査によって経済力や信用力に応じた金額までしか認めてもらえないものなのです。ですから収入の低い人は、少ない金額の借り入れしかできないことは覚悟しなければなりません。
それでも母子家庭という理由だけで、無条件に審査に落ちてしまうようなことはないはずです。申し込めば受け付けてくれますし、きちんと審査も受けさせてもらえます。

トイチと言われたら闇金?

ヤミ金とは法律を無視した金利でお金を融資している会社です。経営母体に問題があり、トイチなど法外な利息をとります。トイチとは借りてから十日たつと一割の利息がつくシステムです。何らかの理由でサラ金以外でお金を工面できない方が利用する事があります。サラ金は闇金以外で利用が可能な金融系が母体になっている会社です。サラ金以外でお金を借りるとこのように違法な取り立てや利息が付く可能性があります。ヤミ金とサラ金は法律に基づいて運営をしているかどうかやとりたての違いがあるのが特徴です。この二つの違いを把握していると、高い金利で借りる可能性がなくなります。正規の金融会社からお金を工面するのがトラブルを避けるこつです。

ATMなら24時間いつでも借りれるの?

金融機関でお金を借りる場合、その金融機関の窓口が開いている時間であればお金を借りる事は出来ます。とはいえ土日や夜中はしまっている所も多く、その場合は翌日以降の営業日になってから融資の申し込みをしなければなりません。しかし土日や夜中にお金を融資してもらう事も実は可能です。

 

先ず一つが24時間受付となっている金融機関を利用する方法です。この場合、土曜日や日曜日と言った曜日を気にする必要は有りません。ただ融資の申し込みは出来ても実際の契約は翌営業日となる事もあるので、その点には気を付けます。インターネットを利用する方法であれば、夜でも利用は可能です。この場合、在籍確認もネット上で行われるので、自分の職場が休みかどうかを気にする必要も有りません。また事前に融資の申し込みをして専用のカードを発行してもらえば、専用のatmを使って土曜日や日曜日、さらに深夜でもお金が必要な時に融資を受けられます。

 

更新履歴